医院ブログ

患者様の声(夏編その4)

2015年9月3日

こんにちは、福井県福井市の矯正歯科みねた、院長の峰田です。

暑かった夏も終わり、朝夕涼しくなって秋モードになってきました。さて、この夏に治療を終了されたばかりの、りゅうと君15才です。

「歯並びがよくなってとてもうれしかったです。これからも保定そうちを使って歯並びが悪くならぬように気をつけていきたいです。歯はいっしょう使うものなので大切にしていきたいです。」りゅうと君、15才

 

Ogasawara Ryuto

スクリーンショット(2015-09-09 13.09.45)DSCF0576

舌を歯の間に出す癖と、サ行ラ行の発音の仕方が正しくなかったのでブラケットを着け始める前に、ずいぶんと練習を頑張ってくれました。ブラケットを着けてからも、毎回歯磨きを頑張ってくれて、嬉しかったです。 矯正治療での頑張りを学校生活にも活かしてくれていることと思います。リテーナーもしっかりと着けて、良い状態を保って下さいね。おめでとう!!

歯並びは、舌、唇や頬の筋肉などお口の周りの筋肉からかかる力のバランスの影響を受けます。普段の舌の位置が悪かったり、歯の間に入れていると治す際にも妨げになりますし、治療後の後戻りの原因にもなります。 他にも、頬杖をついたり悪い姿勢なども問題になりますが、無意識に行っていることが多いので、まずは普段の習慣や癖を自覚してみて下さい。

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:0776-23-1180 【診療時間】10:00~13:00、14:00~18:00
【定休日】日・月・祝
お問い合わせ

ページの先頭へ